On the Streams

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ほんとにラスト?   Sep.30/’11

 今日は2カ月に一度のメンテナンス(病院行き)なので 昨日行ってきました、今年のラスト釣行。
毎年いい思いをしたことは無いのだけどね。それでも今日行かないと来年春まで川で竿を振れないと思うとやっぱり行っておこうかな、と・・・
 魚野は今年は徹底的に傷めつけられたな。7月の会津から下越、中越の水害 9月には台風2連発、湯沢地区の魚野本流はまだ比較的見た目のダメージは小さいけど、それでも4,5mは水位が上がった痕跡がくっきり。清津は濁りが取れず。魚野も塩沢あたりから下流は濁り、登も相変わらず、三国はダムから濁り水。
 そちこち釣って見たけど手のひらサイズの子ヤマメがつつきにくるだけ、ねがわくばこのチビさん達が来年まで無事でいてくれますように。
c0196002_1754430.jpg

 行ってみたら埋まってまっ平らになってた 岩原あたり。

 ちびヤマメがいくつかいたので 少し安心?。

 昼には六日町まで行って 魚野の主Mちゃんに御挨拶。今年もお世話になりました。

 午後からまた魚野をあちこち、
c0196002_17575421.jpg

気温が上がって暑かったので モモの水泳の練習日でした。

c0196002_17595329.jpg

 おやつなど食べて

c0196002_1811147.jpg

秋の陽が山にかかり。今年も無事終了。
 遊んでくれた皆さん ありがとうございました。
[PR]
by flytying | 2011-09-30 18:03

ラスト?     Sep.23~25/'11

 これで今年は終わりかな、と山形、宮城方面へ。台風直後でどこも水が多いから 釣りは宜しくないのは覚悟の上? 来年は3人で出掛ける機会もないだろうし、シーズンももう終わりだし、と思いきって行ってみました。
 木曜の深夜にキャンプ道具など満載の車を走らせて 一路北へ!もしかすると 釣行の一番楽しい部分はここかと・・・
 東北道を避けて、関越で新潟経由で山形入り、長井、寒河江、尾花沢、釣り場。近くまで行って2時間程の仮眠、若かった頃ならこれで一日平気だったのだけどねー。
 本流筋は増水、濁りだけどこれは想定内、支流に逃げます。小渓だけどきれいな水が流れ、もしかするとこの出水でオオモノが遡上しているかも・・・ やっぱり結果はそんなことはなく渓のスケールにあった ヤマメ、イワナが幾つか釣れて。こんな小渓でも入釣者は多いのか そこここに人の形跡があり 夏前ならサカナの反応ももうちょっといいのだが、9月も末になればなかなかそうもいかない。
c0196002_163351.jpg

峻平の1匹目、やっと7寸クラス。この少し後、フワッと浮いてフライを喰ったのは多分9寸クラスのイワナ、これをばらして悔しがる。
 結局こんなサイズが幾つかづつ釣れて 午前の部終了。テントを設営しランチをのんびり済ませ、ダウン。目覚めれば3時近く、大急ぎでキャンプを飛び出して、本流を見に行く。水は多いし霞んでもいるけど スポットを拾って歩けばなんとかなるか。小堰堤脇の 畳2畳ほどのフラットな水面へしつこくフライを流すと、出るには出たけどこれも朝からの平均サイズを越えられない。

 明日があるさ、とウェーダーを脱いで 近くの温泉へ。思わずうなり声がでます。日本人でよかったー的な?
今夜のキャンプ料理は 芋煮とサンマ。ウィスキーのお湯割りをチビチビやりながら 炭を熾して。
サトイモの皮を剥くかみさん。
c0196002_1674093.jpg

c0196002_1124236.jpg

 芋煮のなべ。
 ぼくはウィスキー2杯で這うようにテントへ。
翌朝は寒くて目が覚める。気温は今年初の一桁? 念のため昨夜テントに持ち込んでおいたランタンに灯をつけてテントの中を暖める。寒がりのかみさんは頭まですっぽり寝袋の中だ。そうしておいてテントを出て、ストーブに火をつけお湯を沸かし、コーヒーを淹れる。フリースを着ていても寒い。

 今日は50㎞ほど走って 別な水系を見に行くつもりなので コーヒーを淹れてかみさんと峻平を起こし 朝食を済ませて出発。前日地元の友人が釣って良かったからと連絡を貰ってのことだが まさかそれが漏れたわけじゃあるまいし、第一ほとんどがエサ釣り師なのだが 人が多い!釣り場としての流程はわずか知れたのものだが 10台近い車が点々と、それが地元山形だけじゃなく宮城Noやらあげくは春日部Noまでいて・・・
 アクセスの悪い区間へやっと入渓。

親子釣り師?
c0196002_1616842.jpg
 

ここでも釣れるサカナはこんな。
c0196002_1146634.jpg


午後からは
c0196002_11473387.jpg

こんな流れを・・・
それにつけても大人っぽくなたなー。

 

More Continue reading?
[PR]
by flytying | 2011-09-26 16:11

I上さんと    Sep.13/'11

 久~しぶりにI上さんから電話。で、急きょ翌日の釣行が決まって 昨日行ってきました。以前は毎週のようにご一緒してたのに 最近はお互い諸々の事情やら都合やらあって なかなか一緒になれなくて・・・
 出発はゆっくり、草津志賀ルートで渋峠を越えて、(いやーすっずしぃぃぃ)下界の暑さがうそのようですね。
家から2時間半 思ったより近いけど、ここらへ来るのは10年ぶりか?最近は人気なのか、平日にもかかわらず要所要所に釣り人の車が・・・
 で、やっぱり水が多いなー。近年、気象庁はアメダスを廃止傾向、おかげで川の状況は行ってみないとわからないことになってしまいましたね(ゲリラ豪雨も予測できないわけだ)
 台風で3~4mは水位が上昇、ようやく落ちてきて今日現在0.3↑ って感じ?先週末の魚野でもそうだったけど異常なくらい水がきれい。きれいすぎて生物の気配を感じさせないくらいです。
 それでも釣り始めるとすぐ
c0196002_839019.jpg

きれいなイワナが釣れ サイズはともかく「ぼっ」は回避。
と、思ったのもつかの間、水が多くて遡行が大変(いやー老体には応えます)それはいいとして、ポイントが少ない。流れが速すぎ! 対岸の緩流帯や反転流を釣りたいのだけど 手前が早すぎてうまく流し切れず。
もう10㎝水位が下がれば また違うのか?
 釣れる魚も これは水位のせいだけじゃないと思うけど最初の1匹からサイズアップができない。5,6匹つったあたりで3時間が経過、体力、気力ともに尽きてさっさと退渓。
c0196002_8514439.jpg



ここまできたついでに 過去に良い思いをした川を見に行ってみるけど、ここは台風でやられちまってました(まぁ、そんなことだろうとは思ってましたけど) 草津の痺れるくらい熱い湯を浴びて 帰宅しました。
 北の方は 4日連続で「尺」とか。景気のいい話もあったりするけど 関東日帰り圏内は今年はもう"終了”ですね。また来年に期待です。I上さん また誘ってね。


  
[PR]
by flytying | 2011-09-14 08:56

夏の終わりに     Sep.11/'11

9月11日 夏の終わりと言いながらまるで夏に戻ったような日差しの暑い日。そして東日本大震災から半年が過ぎ、ついでに言えば9・11WTCテロから 10年。そんな1日、ダメ元で魚野を見に行ってきました。
 峻平は今年前半 部活やらなにやらで釣りに行けず 気付けばシーズン終了も間も無く、おまけに来年は親元を離れるつもりなので今行かないと もう釣りに行けないと思ったのか自分から「釣りに行きたい」と言うので、受験生がそんなんでいいのか!とは思いながらもチョコチョコと出かけるようにしてます。
 でも今回はダメだよなー。
で、三国を越えて清津(みつまた地区) 先週は芦原を掻き分けてようやく流れに立てたのに 国道からすっかり流れが見えるようになってました。笹濁り、水多し、遡行困難。もしかしてと 魚野(岩原ー土樽)水はこの時期としては信じられないくらい 青みを帯びてクリアー。クリアー過ぎて 釣れるの?みたいな・・・
 登川は 相変わらずセメントでもといたような粉っぽい濁りが取れず。
三国川は これは論外。ダム下の宿命?宇田沢は相変わらずで 魅力の無い川に。水無は 河川改修の結果小砂利を敷き詰めたような流れになって(水少なめ、クリア)釣るとこがない。
 仕方がない?ので八海山で蕎麦を食べ、日陰に椅子を置いて アイスクリームなど食べて
c0196002_1091164.jpg

暫くグダグダと過ごして 帰宅。
 釣りができなかったので 気分の収まりが悪くって「庭メシ」狭い荒れた庭でも こんなことができるのが田舎暮らしのいいところ。
c0196002_10115640.jpg

[PR]
by flytying | 2011-09-12 10:12

台風一過    Sep. 6 / '11

  大きな被害が出てしまいました。残念です。その台風12号がようやく通り過ぎ、1週間ぶりに晴れました。
そして夏も通り過ぎたみたいです。
 今年は「自然」に やられましたね。冬の大雪、それからもちろん大地震、津波。人為的なものだけど「原発」。雪解けは遅く、梅雨明けは早く、旱魃、大水、台風。
 釣りにはやっかいな年でした。利根川も魚野川も今年はもう終わりでしょうね。
時間だけは まだ25日あるので 少し遠くへ行ってでも足掻いてみますか。って 台風とかこねーだろうな。
c0196002_9592227.jpg


 自身は 覚悟していたことではありますが、視力が落ちて小さなフライはタイイングも 使用も困難になりました。これも別な病で覚悟していたことですが 足がうまく動かなくなって川歩きが辛くなりました。
かみさんも「心の病」を得ましたが 今年は少しいいようです。気をつけながら付き合っていくしかありませんね。来年は峻平も高校生になって 家を出るようです。15年なんてあっという間ですね。
 ペースはかつてとは比較にならず、オオモノと出会うチャンスも 数十分の一にはなりましたが ボツボツと釣って行きます。さあラストスパートと行きますか。
[PR]
by flytying | 2011-09-06 10:08



タイイングと釣りの日々
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧